和尚のメルマガ

お守り文字主宰の林映寿和尚が日々体験したことやご縁や感謝など、
日常におけるヒントや気づきをメルマガにて発信いたします。(毎週水曜日発行)

日本笑顔プロジェクト最初の試練![和尚のメルマガ vol65]

2016年04月21日

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

楽しく 真面目に 自分流 をモットーに生きる
林映寿和尚メールマガジン vol.65
本日のテーマ「日本笑顔プロジェクト最初の試練」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

(64号からのつづき)
バックナンバーは下記をご覧ください。
http://www.omamorimoji.jp/index.php/mailmag?_id=63

現地では温かい汁物が
不足しているという情報を入手。

信州といえばやっぱり蕎麦!

1000食分の蕎麦を焚き出す事にしました。

まずは、炊き出しを行う器具や食材の調達を開始。

単純計算でも1000食分の蕎麦を焚き出す場合
最低でも水は600kg程必要です。

ポリタンクやペットボトルを買いに行き驚いた事が!

スーパーやホームセンターに
ポリタンクやペットボトルの在庫が一切ないのです。

被災地への支援物資として
また自分たちの備蓄用として
しばらく品薄状態が続きました。

こうなったらと
町に給水車の貸出を依頼しました。

しかし、それもダメ。

準備を開始した一歩目から大きな試練に
遭遇しました。

連日現地と情報交換をする中で
蕎麦はアレルギーを持つ方がいるので
そういう方への配慮も含めて
炊出しは蕎麦ではなくうどんにして欲しい
という要望が出てきました。

これに関しては
我々の一方的な思いのまま
蕎麦という選択をしていたので
急遽うどんに変更する事にしました。

なかなか進まない準備のさなか
1点の大きな光が差し込みました。

隣市のプロパンガス会社が
我々の動きを耳にして頂き
全面的に協力をして頂ける事になりました。

災害用炊き出し釜、プロパンガス
ガス運搬車、危険物取扱従事者
そして苦戦していた水の確保まで。

本当に力強い助っ人が加わって頂きました。

また、製麺会社もご賛同頂き
炊き出し用のうどん1000食も
ご提供頂ける事になりました。

子供達への学習道具や娯楽品も
大勢の皆様のご協力で集まりました。

こうして難航していた準備もどうにか整い
2011年4月27日宮城県へ向けて車両7台
ボランティア24名が出発しました。

そして更なる試練が・・・。

この続きは明日お伝え致します。


合掌 林 映寿

明日のメルマガのテーマは「日本笑顔プロジェクト笑顔が繋がる」です。

お勧め記事

メールマガジン登録

お名前

メールアドレス

アーカイブ

お守り名刺

筆文字お守り名刺はビジネス用としてはもちろん、プライベート名刺としても人気の高い名刺です。

お守り名刺

感謝はがき

ビジネスでも人生でも大事なのは「ご縁を育てること」です。 ひと言書いて気軽に出せるハガキです。

感謝はがき

命名色紙

新たな命が誕生した証として、お守り文字でお書きいたします。出産祝いの贈り物、プレゼントとしても。

命名色紙
page top