和尚のメルマガ

お守り文字主宰の林映寿和尚が日々体験したことやご縁や感謝など、
日常におけるヒントや気づきをメルマガにて発信いたします。(第一水曜日・第三水曜日発行)

アンテナを高く広くする方法[和尚のメルマガ vol258]

2022年06月15日

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

楽しく 真面目に 自分流 をモットーに生きる
林映寿和尚メールマガジン vol.258
本日のテーマ「アンテナを高く広くする方法」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日は変化の時代の
アンテナの張り方について
お話しします。

今までの生活と戻りつつある中ですが
従来の習慣が当たり前ではなくなってきています。

例えばマスク。

海外はもうマスクをしないようですが
日本ではまだみんなマスクをしている。

判断基準が難しくなりました。

旅行するのは悪くないけど
心配な気持ちもあるし
行事もやらないこともある。

誰もがわからない状況。

正解が見えない。
国もそう。
そういう時代にどう生き抜くか。

常識ではない
大人だからわかるという状況ではない。
価値観や経験値にすがっていただけで正解だったか
そうではない時代に突入しました。

むかーし、一休さんは
とんちで解決していました。

何事も移り行くという時代背景。

昔も今も一緒。
経験したことがないことに
対峙した時、自分自身の
中にある答えをどう導くか・・
自分で答えが出せれば
生きる力が鍛えられます。

自分のアンテナ(火種)× 世の中

アンテナを張ると答えが来た時わかります。
自らは何に反応するのか。
それは何なのか?
それがアンテナとなります。

興味のある分野を
「自らの火種」と定義します。

自らの火種にアンテナを立てます。
その火種に対して
世の中はどうなの?と考えます。
こうなると自らの興味プラス時流を読む
になってきます。

世の中どうなの?
となると急にアンテナが高くなる。
自分だけの目線から
上から見渡す目線になる。


昔はどうだったか?
と時間軸まで加わると
アンテナの範囲が
さらに広くなる。

自らの火種、時流、過去から今
そうしたら未来は?

こうなるとだいぶ
入ってくる情報が広範囲になります。


例えば、現在のアウトドアブーム。
コロナだから?

潜在的にアウトドアに興味が
あった人がコロナを
「きっかけ」に行動した。


そんな時
いつも僕が自分に投げている問い

○○○○?

それを次回紹介します。

それでは、今日も良い1日を
お過ごしください。

合掌 林 映寿

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お勧め記事

メールマガジン登録

お名前

メールアドレス

アーカイブ

お守り名刺

筆文字お守り名刺はビジネス用としてはもちろん、プライベート名刺としても人気の高い名刺です。

お守り名刺

感謝はがき

ビジネスでも人生でも大事なのは「ご縁を育てること」です。 ひと言書いて気軽に出せるハガキです。

感謝はがき

命名色紙

新たな命が誕生した証として、お守り文字でお書きいたします。出産祝いの贈り物、プレゼントとしても。

命名色紙
page top