和尚のメルマガ

お守り文字主宰の林映寿和尚が日々体験したことやご縁や感謝など、
日常におけるヒントや気づきをメルマガにて発信いたします。(毎週水曜日発行)

遊びから防災力を高める[和尚のメルマガ vol147]

2016年11月09日

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

楽しく 真面目に 自分流 をモットーに生きる
林映寿和尚メールマガジン vol.147
本日のテーマ「遊びから防災力を高める」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

先日東京の虎ノ門で
仏教青年会が主催した
防災ファーラムに参加しました。

午前中は講演を聞き
午後はワークショップを行いました。

実際に災害が発生したという
想定で室内の電気を消し
懐中電灯や携帯電話のライトだけで
シミュレーションを行いました。

突然我が身に起こる大震災。

今後発生が恐れられている
南海トラフ地震の被害規模は
東日本大震災の15〜20倍と
予測されています。

今回の防災フォーラムに参加して
浄光寺の危機管理体制について
色々と考えてみました。

すると以外にも
スラックラインやグランピングなど
数々の寺子屋活動が防災力の向上に
繋がっている事に気付きました。

例えば、直下型の地震が発生した場合
本堂の屋根や壁が落ちたら
避難所として使用できません。

しかし、スラックライン
の室内練習場である
ビニールハウスは本堂に比べ
屋根や壁の重みが少ない分
大きな破損はないと思われます。

マットも全面的に敷いてあるので
何十人も寝泊りが可能です。

室内の暖房設備や
発電機・ガソリン・灯油も
整っています。

子供達が普段から
火を起こしたり調理をしたり
数々の経験を行っています。

災害時にまず困ることは
水の確保と言われていますが
浄光寺には湧き水が出ています。

こうした点から
遊び力が防災力につながり
いざという時の備えに
なっている事に気付きました。

東日本大震災では自主避難所として
多くの寺院が利用されました。

これからも地域の皆様と一緒に
遊びを中心に備えや経験を積み
防災力を高めたいと思います。

それでは今日も良い
1日をお過ごしください。

合掌 林 映寿

お勧め記事

メールマガジン登録

お名前

メールアドレス

アーカイブ

お守り名刺

筆文字お守り名刺はビジネス用としてはもちろん、プライベート名刺としても人気の高い名刺です。

お守り名刺

感謝はがき

ビジネスでも人生でも大事なのは「ご縁を育てること」です。 ひと言書いて気軽に出せるハガキです。

感謝はがき

命名色紙

新たな命が誕生した証として、お守り文字でお書きいたします。出産祝いの贈り物、プレゼントとしても。

命名色紙
page top