HOME > 和尚のメルマガ

和尚のメルマガ

お守り文字主宰の林映寿和尚が日々体験したことやご縁や感謝など、日常におけるヒントや気づきをメルマガにて発信いたします。(毎週月・水・金発行)

アウトプット! [ 和尚のメルマガ vol41]

2016年03月18日

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

楽しく 真面目に 自分流 をモットーに生きる
林映寿和尚メールマガジン vol.41
本日のテーマ「アウトプット」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨日、スラックラインに訪れた
子供達を見ていると
高校生が中学生や小学生に
技を教えていました。

「この技は、背中のこの部分にラインが
当たるように意識して、体の動きはこう。」

「俺はこの技をやるとき
こういうイメージでやるよ。」

浄光寺で行っているスラックラインは
決まった監督やコーチがいません。

そのかわり、出来る子供達が教える事を
ルールにしています。

人は教わるよりも、教える事で成長します。

浄光寺では色々な面で
アウトプットをする事を
心がけています。

学校の勉強は、教科書をしっかりやって
その後に問題集をやります。

先に勉強をして漢字を覚えても
習っていない漢字は使ってはいけません。

これが、日本のインプット主体の教育法なのです。

社会に出ると
きちんと教わることなど非常に少なくなります。

英語をしゃべりたければ
学校で単語を覚えるよりも
ネイティブスピーカーととりあえず
身振り手振り話してみる事が先決です。

自分自身の成長には
アウトプットが重要です。

スラックラインパークをはじめ
この春で3年になります。

この短期間に6名のプロライダーが誕生し
内1名は昨年ドイツで開催された
ワールドカップに出場しました。

ちゃんとした指導者の存在なくして
アウトプットの力だけで成長しました。

人に何かを伝えるためには
インプットよりも頭を使います。

教えた人が出来るようになると
自信に繋がります。

そして、お互いの信頼関係や
コミュニケーションも向上します。

10年間継続してきた筆遊び教室も
この春から生徒さん同士が教え合う
アウトプット主体の教室に
レベルアップしたいと思っています。

皆さんも自分の成長のために
どんどんアウトプットしてみてください。

それでは、今日も良い1日をお過ごし下さい。

合掌 林 映寿

お勧め記事

メールマガジン登録

お名前

メールアドレス

アーカイブ

PAGE TOP